旅日記へ

   

 安比  (06.1.28〜29)
千葉のあっこさん達が安比に27〜29日まで滑りに来るという事で、にゃめ吉さんからお誘いがあった。
おりしも例年になくゲレンデは最高の状態。3年ぶりにボードを引っ張り出し参加することにした。
あまりにもほったらかしのボードは手入れするより買ったほうが早いと言うことで新調。
いきなり滑るのはまずかろうと、前もって滑りに行ったのだが、これが思うように滑れない。
それより先にお腹が邪魔でビンディングがしずらいことも問題だった。不安を抱えての参加である。

  ルート
    盛岡〜滝沢IC〜(東北道)〜松尾八幡平IC〜安比〜岩畑の湯〜(裏道移動)〜盛岡


当日はTさんを迎えに行って安比に向かった。11時半にレストランに集合なのだが、マレーシア生まれのTさんは
スキー初体験ということで、スキースクールに入るべく早めに行くことにしたのだ。
そして中ちゃんが安比までの道がよくわからないと言うことで、岩手山SAにて待ち合わせで合流。
コーヒーを飲んで一息ついて安比に向かう。(休んでる間、Tさんと中ちゃんにただならぬ雰囲気が・・・)
早速スキーセンターに行き、Tさんをスクールに入れて、おいらと中ちゃんは一滑り。
最初、ヤマバトコースを滑り、次はハヤブサコースと二本滑ったところで、待ち合わせ場所の
レストランに行く。トトロさんたちがちょうど席を取ったところで合流でした。
SWEAT君、ジェイソンさんと合流し、Tさんがスクールから帰ってきてそろった
ところで食事。午後はTさんはスキーが気に入ったようで、スクールに入ると
いうことで別行動。他はゴンドラで頂上を目指す。
滑り始めてみると、スキー組とボード組ではペースが違うようだ。
せっかく遠くから来てくれたのだから、十分滑って欲しかったので、スキー組とボード組に別れて
滑ることにした。スキー組は、しゅうさん・トトロさん・あっこさん・にゃめ吉さん。
ボード組は、中ちゃん・SWEAT君・ジェイソンさん・あねごにおいらです。今回、ジェイソンさんとは初めて一緒に
滑るのですが、おいらたちとレベルが違いました。そこでここから、ジェイソンさんのボード教室が
始まり、何度か指導してもらったおかげで、大分感じがつかめてきました。
一本滑ってゴンドラまできたら、ちょうどもっちー君が来て合流。
いろいろ試しながら滑って、新雪がまだ残っているコースに来たものの、その頃にはもう足に来ていて
うまく滑れず、ちょっと心残り。そのうちジェイソンさんにコツを聞いて、改めて挑戦せねばと思った
しだいです。他の人たちは時間いっぱい滑ることにして、スキーセンターで待っているTさんを
おいらと中ちゃんが迎えに行き、一足先に「岩畑の湯」に行くことになりました。
岩畑の湯でひとっぷろ浴びて、後は三人でこっそり宴会の予行練習。みんなナイターまで滑って、
ようやく揃ったのは8時前。なんとか夕食終了前に間に合い、あわてて食事をする。
その後は、無礼講の大宴会突入。おおいに盛り上がりました。
どんな風に盛り上がったかは参加した人だけの秘密です。
なんだかんだと12時過ぎまで騒いで終了。
おいらはかなり酔っ払っていて、横になったとたんに大いびきで爆睡。
7時頃目を覚まして風呂に行く。すっかり二日酔いだった。なんとか酔いをさまして、
みんなで朝食。しっかりお代わりして食べました。
9時頃、玄関先でみんなとお別れ。千葉組はゆっくり出発で、SWEAT君・もっちー君は
滑りに行き、おいらとTさん・中ちゃんは帰宅です。
いろいろ楽しんだ80kmぐらいの旅でした。




SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送